賃貸オフィスで低コスト【賃貸は企業を助けるお助けマン】

作業員

初期費用

風景

一般的に、賃貸事務所はベンチャー等の新規企業には向いていないと言われています。その理由は、初期費用です。仲介手数料であったり、家賃であったりと最初にお金がかかってしまうのが賃貸事務所のデメリットと言えます。ベンチャー企業等であれば、初期費用を安く抑えられるレンタルオフィス等の方がよっぽど良いでしょう。時間は抑えられますし、初期費用も掛からない、目の前のことだけを考えるのであればレンタルオフィスの方がメリットは高いです。しかし、このようなベンチャー企業であっても賃貸事務所を借りる企業は多いです。何故ならば、信用度の違いがあるからです。一般的に、レンタルオフィスよりも賃貸事務所を持つ企業の方が信頼度を高く持つことが出来ます。そのため、金融機関からの融資においては賃貸事務所の方が良いと言えるでしょう。

自分自身がサラリーマンであり、会社からノウハウを学んで独立したいと考えている人は多いと思います。そのため、現在ではたくさんの企業が存在しているのです。しかし、注意しなければならないのは、独立するにはかなりの費用が発生します。まずは、賃貸事務所等の賃料です。オフィスが無いことには、会社を設立したとしても意味がありません。必ずオフィスを作って人を雇えるような環境を創りあげましょう。これは、人を雇わなかったとしても絶対にするべきです。何故なら、先程も言ったようにオフィスがあるかないかで会社の信用度はかなり違っているからです。その辺りの認識が出来ていないため、毎年いくつもの企業が潰れています。そして、潰れているほとんどの企業は最近作られた新しい企業が非常に多いのです。独立するのであれば、独立するだけの知識が必ず必要になってきます。特に、初期費用等においては最も最初に考えるべき部分であるため、かならず考えておきましょう。

Copyright© 2016 賃貸オフィスで低コスト【賃貸は企業を助けるお助けマン】All Rights Reserved.