賃貸オフィスで低コスト【賃貸は企業を助けるお助けマン】

不動産

初期費用

風景

長期的に見れば、一月の賃貸料は賃貸事務所の方が安くなるため、長く借りれば借りるほどお得になっていきます。その事務所を長期で使うことを予定しているのであれば、賃貸事務所の方が特になるのではないかと思います。

Read More...

オフィスの場所

ビル

賃貸事務所を借りる際には都会で借りたいという企業が多いのには理由があります。都心では地価なども高いので自然と賃料も上がるため損だと思われがちですが、都会ならスムーズに事務所営業が行なえる理由があるのです。

Read More...

選ぶポイント

作業者

最近では、多くの企業が賃貸事務所を利用しています。賃貸事務所は基本的に持ちビルなどではないのでより良い職場環境を求めて事務所を変えることができますが、事務所選びは非常に重要になってきます。

Read More...

仲介してもらう

男性

最近では、企業出来る条件が非常に緩くなってきました。現在では、資本金が1円であっても企業することが出来るのです。そのため、最近の事務所は賃貸オフィスであることが非常に多いです。このような賃貸オフィスを見つけるためには、不動産屋に仲介を依頼するのが手っ取り早いです。しかし、不動産屋に仲介を依頼した場合は、仲介手数料を払う必要があるため注意が必要です。仲介手数料を払う必要があるため、賃貸オフィスは自分だけで探すと思っている人もいるかもしれませんが、良い物件というのはほとんど不動産屋を通さなければいけません。そのため、賃貸オフィスを使う場合は、不動産屋を利用するのが一番手っ取り早いと思います。この仲介手数料に関してですが、実は法律で上限が決まっています。それは、家賃の1ヶ月分です。つまり、仲介手数料でその家賃を上回ることを禁止されているため、用意するお金は貸主に払う1ヶ月分の家賃と、仲介業者に払う手数料の上限である1ヶ月分の家賃、合わせて2ヶ月分の家賃となります。もちろん、仲介手数料の上限が1ヶ月分の家賃となっているだけであるため、もっと安い仲介手数料である可能性もあります。あくまで、どの程度のお金を用意すれば確実かという目安であるため、実際に払うお金は別になります。このことをしっかりと把握しておかなければオフィスを借りる際に慌てる事になるのでしっかりと把握してからオフィス探しを行なう必要があります。

Copyright© 2016 賃貸オフィスで低コスト【賃貸は企業を助けるお助けマン】All Rights Reserved.